忍者ブログ
[60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50
Posted by - 2017.08.19,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2008.06.10,Tue
今日、実家のレストランが営業を終えた。
なんだかんだで10年くらい。2000年問題やブッシュ再選、長男が穀潰し問題などのさまざまな危機や悲しみを乗り越えて、よくここまでやってきたと思う。

沸騰するパスタのずんどう鍋や、常時加熱のピザ用のオーブンに囲まれた厨房の気温は、夏場には軽く40℃を超える。お客さんが多い日など、その中で忙しく立ち回り、休憩と昼食が夕方になってしまうこともままある。コンクリの床の上に立ちっぱなし動きっぱなしで、店が終わる頃には膝が笑う。店の片付けと自分たちの夕食を終えて、次の日の仕込みが夜中の2時3時になることも、よくあることだ。


そう、よくあること。
繁盛してるレストランでは、きっと普通の光景だろう。もっとハードな店はいくらでもあるだろう。
4年間ほどあの場所でピザを焼いて働いたが、それでもいつまでも馴染めなかった、飲食店という業態。父と母は、しかしそういう仕事で僕という人間を養い、学校へ行かせてくれた。今の店は10年だけど、親父の「飲食店歴」はたぶん50年には及ぶだろう。それも今日で最後である。

「いろいろあったね」と言ったら、「まあたいしたことはなかったな」と答えた。
ほんの少しの間だったけど、二人と一緒に働けて本当に良かった。
お父さん、お母さん。おつかれさまでした。

これからは自分たちのペースで、体を休めつつ、ゆっくりのんびりやってほしい。
二人とも働き者だから、まあそうはしてられないだろうけど。

ありがとう、ございました。
PR
Comments
えーそうなんすか。
お疲れ様でした。結局お店には行けなかったなぁ。馬刺し食べたかったぜ。
Posted by watanavader - 2008.06.11,Wed 21:06:02 / Edit
だから
馬刺しは商ってねーよ!

って馬刺しネタも最早懐かしい感じですねぇ。
Posted by litt - 2008.06.11,Wed 23:12:58 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]