忍者ブログ
[305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295
Posted by - 2017.08.19,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.08.31,Mon






フェンスにキシラデコール(防腐作用・撥水効果のあるオイルステインの定番商品)を塗る。色んなサイトを見たりして塗料選びには時間をかけたが、木目と木の色を活かしたかったので、着色成分の配合されていないカラレスというクリアなタイプを選んだ。一般に濃い色の塗料ほどUVカットに効果がある、とどのメーカーも口をそろえる。ようは紫外線による褪色は結局は避けられないということだ。

それならいっそ無塗装のほうがお金も時間もかからないのだが、腐食防止という意味ではやはり塗装はしたほうがいいと、色んな人に言われる。特に木口や接合部には水が溜まりやすいので念入りに。ただどんな塗料も、木肌が水を弾くような目に見えてヴィヴィッドな撥水効果は、3〜6ヵ月くらいもてば良いほうらしい。でも気休めでもいいから、腐って折れたフェンスが倒れたりして誰かがケガするなんてことはできれば避けたいので塗っておく。見た感じは、キシラデコール〈カラレス〉を塗ったほうが、しっとり濡れたような落ち着いたつやが出て、少しだけ色が濃くなった感じもして、見映えはよろしい。

いま使っている材木はウェスタン・レッド・シダーといって、においが大変いい。風下に立つと2、3メートル離れていてもにおって良い感じなのだが、ステインを塗ると(ステインのにおいというのがまた特徴的で、強い)やはりそのにおいになってしまう。支柱や接合部などの力のかかる部分を除き、横板を塗らない面を一面だけ残しておいて、一週間ほど様子を見ながら、他の塗った面と比較をすることに。雨で一日中洗われたあとは、塗装面でも若干、シダーのにおいが戻ってきているような気がする。塗ってもにおいが戻るのであれば、全面に塗ってもいいなあと思う。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]