忍者ブログ
[179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169
Posted by - 2017.04.27,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2008.12.13,Sat
今日、自分の身の上に起きたことを、どのように理解したらよいのかわからない。
こんなことははじめてだし、これが持つ意味、もしくはメッセージといったようなものが、そういった何かしらがもしあるのなら、自分はそれに向き合い、何かを学び取るべきなのかも知れない。
…たとえば宗教家が受けたりする「啓示」とかって、こういうものなのだろうか?わからない。
本当に、こんな経験は初めてだから。

考えるために、まずは今日いちにちの出来事を、ありのままに書いてみようと思う。

朝のパートから戻った嫁と、先月三歳になったばかりの娘、この間の健康診断で「やや肥満」の宣告を下された典型的メタボリック中年な自分、という我々一家三人は、急いで準備して駅に向かった。上野の東京都美術館に、会期もあと二日を残すばかりとなったフェルメール展を観に行くためである。比較的空いた電車に揺られ、着いたのはお昼過ぎ、公園口改札を出て、恩寵公園に入ってすぐ右手のカフェテラスでお昼を食べることにした。名前こそカフェテラスだが(じっさいテラス席もたくさんある)、どこか学食みたいなこの店の、ラフな雰囲気(と価格)が我が家のお気に入り。子どもが走り回っても、テーブルの上に水をぶちまけても、ここならそう気まずい思いをしなくてもすむし、にしては、けっこうおいしいし。関東では珍しい「だし」のうどんとミニカレー、カツカレー大盛りという食事がすむと、美術館に入る前にトイレに行っておこうということになった。先日のハンマースホイ展で、「おしっこーーーーーー!」と絶叫した誰かさんのためにも、それはぜひとも必要なプロセスだった。

カフェを出て、動物園の入り口にもほど近い東京都美術館へ。入り口はすでに長蛇の列。「ただいま待ち時間、70分ほどとなっておりまーす」という係員の声に唖然とする我々。だが唖然とする方が間違っているので、音に聞こえた天下のフェルメールが一挙七点来日、しかも明日で会期は終わりというこの状況、混んでないほうがおかしいのである。「もっと早くにくれば良かったなあ」言ってみてもはじまらない、のろのろとやる気なく、列の最後尾に着く我々。しかし70分、三歳の娘をぐずらせずにひたすら立ってじりじり進むというのは、おそらく難行だ。係員にお伺いして、後ろの方がよろしいとおっしゃれば、ということだったので、列のすぐ後ろの婦人に確認して、自分と娘はその場を離れた。「申し訳ないんですけど、誰かひとりが並んでれば後から行列のそこに加わってもいいでしょうか、泣いたり騒いだりして、いいえもちろんなだめたり言い聞かせたりの努力はいたしますけれど、その間にただでさえ並んで気の立っている皆さんにご迷惑をおかけするのも忍びないですし、いやホントごめんなさい作戦」の発動だ。本当に申し訳ない思いで、公園の中のミニミニ遊園地に向かう。ひとしきり遊ばせたあと、嫁から「そろそろ来て」とメールがあったので、いやいやする娘をアンパンマンの硬い樹脂製の背中からひっぺがすように美術館へ戻った。エントランス前の広場とロビーは、幾重にも取り巻かれた行列の人いきれで、12月とは思えないほどの蒸し暑さだ。ぺこぺこ頭を下げながら、嫁のいる場所に加わって並ぶ。
「おしっこーーーーーー!」まじで?まあ、会場に入る前で良かったかも…ぶつぶつ言いながら、またぺこぺこしつつトイレに連れていく。「でちゃうでちゃう!」「ちょっと待ってよー!」男性用トイレの「大」の個室に入り、娘に用を足させる。無事に済んだが、ぴったりとした子供用のストレッチジーンズが、実に脱がせにくいし、はかせにくい。早く列に戻らないと、もうすぐ会場に入っちゃうんじゃ…焦る気持ちを抑え、せまい個室で汗だくになりながらストレッチジーンズと格闘していると、突然

バリリ

という音が室内に響き渡った。え、何?
およそトイレでは聞こえないような種類の音。反射的に、音のした方へ眼を向けた自分の見たものは、なんと。


続く
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]