忍者ブログ
[320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310
Posted by - 2017.09.23,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.10.19,Mon


清野賀子の写真が好きだ。

何にたとえていいかわからないが、風景の、うつろさ、または化け物じみた生命感を、なんでもないもの(廃物、枯れかけた観葉植物、ガードレールといった)に映して、それを切り取って見つめているような。そんな幽霊みたいな写真の在り方が面白く、また、自分にとってはとても安らげるものだった。

一冊目の写真集、『The sign of life』をはじめて書店で手に取ったとき、興奮で体がぞくぞくとしたものだ。こんなに好きな写真はほかにない、もっと見たい。そう思ったが、高くて買えなかった。万引きまで考えフロアを右往左往したが、よくよく考えて「もうちょっと稼げるようになったらご褒美に」と言い聞かせ、よした。

そのうち『The sign of life』はどの書店からも姿を消した。よくあることで、本には買い時というものがある。勝手に悔し涙を飲んだが、あとでネットで買えることが分かってほっとした。でもあんなにすごい写真集が、なぜこんなに話題になってないんだろう。日本のバカ。総じてバカ。そういう気持ちでずっといた。

先週の金曜日、立ち寄った書店の写真集コーナーで、第二写真集『至るところで 心を集めよ 立っていよ』を見つけて、買った。雑誌『真夜中』での連載も始まっていたので、その流れで出版決まったんだと、わくわくしながら名前を検索。6月か7月に亡くなったらしい。憧れだった先輩が突然死んだ、今はそんな気持ちだ。

『至るところで 心を集めよ 立っていよ』は、またいっそう素晴らしく、絵にならない、心躍るものでないようなものたちばかりが映されている。でもたまらなく美しい。いや、美しくはない。美しくなくて別に良い。それでいい。僕にとってだが、そこにあるのは、ただ、心の有りようなのだ。というか、そういう有り方の選択のひとつとして、それがある。そう許されている、そういうことじゃないだろうか。

なにかしらの手がかりを求めて、巻末の写真家本人によるエッセイを読む。だが写真の知識もないし、現代のことなど何一つ分からない僕には、なぜ彼女が死を選んだのか、ということも分からない。ただ『至るところで 心を集めよ 立っていよ』というフレーズは、清野さんの写真にはぴったりだと思う。さようなら。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

http://www.osiris.co.jp/egs.html


ランドスケープ写真の一つの到達点ともいえる写真集『The Sign of Life』(2002)から7年を経て、本書は写真家・清野賀子の2冊目の写真集となります。
本書に収録した写真のほとんどの撮影地は東京で、35ミリの小型カメラを使用しています。出会った対象に即応するように、時には被写体に近づいた位置から、街や事物や人物など、さまざまなものに視線が向けられています。けれどもこれらの写真のいずれにおいても、スナップショットともプライベートな生活の記録とも異なる、独特のヴィジョンが立ち上がっています。

「写真とは何か」を常に考えてきた清野賀子は、特定のテーマを設定し被写体を選ぶのではなく、言葉に置き換えることができないヴィジョンを求め、写真家の身体が被写体に反応したその瞬間に起きた出来事の痕跡としてのイメージ自体にできる限り語らせる……その独自の写真へのアプローチは、私たちの世界に対する知覚のあり方や思考を変える可能性をも備えている写真というメディアの特性を、新たに発見しようとする一つの試みだと言えます。

カメラという装置を使って、名も無き被写体たちの〈存在の輝く瞬間〉をとらえ、そこに見る者と世界に向かって開かれた〈通路〉を提示し得る可能性……それが、清野が写真というメディアに託した事なのかもしれません。

なお、「至るところで 心を集めよ 立っていよ」は、ドイツの詩人パウル・ツェランの晩年の詩からとられています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

略歴

清野賀子(せいの・よしこ)
1962-2009
東京生まれ。1995年より写真を始める。

個展
1996 「Yoshiko Seino with Switch」コム・デ・ギャルソン本店、東京
1999 「Emotional Imprintings」ギャラリー小柳、東京
2003 「The Sign of Life」ヴィンタートゥーア写真美術館、スイス
2008 「a good day, good time」ギャラリーTRAX、山梨
   「a good day, good time」プンクトゥム、東京

グループ展
1998 「Gel」ダメリオ・テラス、ニューヨーク
2000 「Sensitive」カオール写真祭、カオール、フランス
   「反記憶??現代写真II」横浜美術館、横浜
2001 「Surface: Contemporary Photography, Video and Painting from Japan」オランダ写真センター、ロッテルダム
2003 「Japan: Cotemporary Ceramics and Photography: Tradition and Presence」ダイヒトアホール、ハンブルク
2004 「コモン・スケープ??今日の写真における日常へのまなざし」宮城県美術館
2007 「Towards a New Ease」ヴィンタートゥーア写真美術館、スイス

写真集
『The Sign of Life』、オシリス、2002年

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]