忍者ブログ
[281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.07.07,Tue


少し前になるが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』観てきた。

なにこのわかりやすさ。そして良くできてるなあ、と思った。迷走し、自壊することまでを含めて芸の内、だった庵野エヴァの匂いはもうまったくなく、新しい「商品」として生まれ変わったエヴァンゲリオン(昔だってたいした『商品』ではありました、もちろん)を、不思議な気持ちで眺めた感じ。まあもうパラレルワールドだしね。タイトルもヱヴァンゲリヲンと変わったわけで、この「ヱヴァ」なら「ちゃんとした」エンディングまで辿り着けそうな、そんな安心感すら漂います。良いとか悪いでなく換骨奪胎というか、2次創作的というか…「僕らが本当に観たかったエヴァ」的な(この『僕ら』に自分は入ってませんが)感想を抱く人も多いはず。評判良いらしいし。

最初に言ったように、すごく良くできたアニメだと。痛切な描写とか極端な演出とか、そうしたいわゆる「エヴァらしさ」もちゃんとありつつ、メッセージが明確でストーリーがしっかりしてる(してそう)。メカは格好良く動いてるし(第三新東京市がわりとイイ)、キャラはカワイイし、次作へのヒキもバッチリです。以前の劇場版で、自分は量産機のデザインをすごく新しいものと感じたのだけど、はっきり言って昔のエヴァはもう、古くさい。そう感じるくらいに、ピカピカにアップデートされた最新のアニメ表現がなされてもいると思う。でもじゃあこの続きがすげえ観たいかというと、そうでもないなあ。別に庵野作品(今回『総監督』って肩書きだけど、どこまで『監督』したんだろ?)ということにこだわるわけでもなく、単に自分が年をとったというか、もうあの世界観にそこまで熱くなれないかな、という再確認をしてしまった感じ。個人的に。映画自体は面白いので、アニメ好きはもちろん観て損はしないと思うけど。

エンドロールのたしか「デザインワークス」とかいった項目で、あさりよしとお、鬼頭莫宏、Okamaという三人の漫画家さんの名前を発見。あさりよしとおはたしか前から絡んでた(メカデザイン?)と思うけど、あとの二人はどこなんだろう。鬼頭莫宏は新しい使徒(ゼルエルその他、けっこう変わっちょります)のデザインに参加してる、と言われても不思議ではないかなあ。Okamaはやっぱり女子キャラですかね。貞本ベースだと、わりとアカデミックな人体デッサンに忠実な、しっかり「くびれ」のある体型だった気がしますが、今回(特にアスカの部屋着姿)ちょっとずんどうというか、雨だれの下半分みたいなぷるんとした形の腰〜尻ラインが目立ったようにも思えて、そこがOkamaっぽいっちゃぽいなあ、と思いました。でも作品の資料とか一切読んでないし、Okamaが今どういう仕事をしてるのかさえ知らないので、なんとも言えない。

食べやすく、美味で、消化も良さそうなヱヴァです(だから皮肉とかじゃなく)。
PR
Comments
あさりさんも使徒じゃね
たしか第3使徒(いっちゃん最初のやつ)は確実にあさりさんだったかと。
腕のトンガリ具合とか目の黒丸ちょんちょんな感じとかいかにもかと。他にも何体かやってたような。
今回の破で最後に出てくる使徒の骸骨顔もいかにもだと思うんだが。
Posted by Watanavader - 2009.07.08,Wed 11:58:35 / Edit
サキエルだっけ
たしかに顔のちょんちょん、いかにもだねえ。
最後のとかもろワッハマンやん、て言われたらそんな気も。

結局『序』、俺観てないや。

なんか今回アスカ可哀想でしたねー。
Posted by litt - 2009.07.08,Wed 23:02:52 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]