忍者ブログ
[270] [269] [268] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259
Posted by - 2017.04.27,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.06.11,Thu
『チョコレート・ファイター』観てきた。
香り立つタイトルですが、無論Perfumeとは無関係ですよ。承知ですよ。

◎感想/タイすげえわ。ほんとに。

『マッハ』と較べて(トムヤムクンは観てない)全然洗練されてないというか、むしろ泥臭くなってんじゃないか、と思うようなストーリーがたまらない。ほとんどVシネか、というあたりでアクションシーンが始まると、全然別モノである、と分かる。これはほんとに「ジージャー(主役の女の子)のアクションを観るための映画」だ。異論はないであろう。

最初の内は、「やるとはいってもやっぱ女の子だな」「受ける方が大変だな」みたいな感じでユルく観てたのだが…いやいやいやいや、凄くねえかコレ、と乗り出し態勢に。ザコキャラ役の人たちももちろん大変だが、ジージャー自身がかなりやっちょります。ヒジとヒザ、キック多用の闘い方は、体重の軽い女子がなるべく大きなダメージを与えるには、ということをリアルにシミュレーションした結果だろう。次々繰り出す一撃が「重い」とは見えないのだけど、スピードと体のキレ、技の連続性で見せる。さすがテコンドーで大会優勝とか師範とかしてるだけある。

打ち所が悪きゃ死んでんじゃないか、というような場面が続き、場内からはヒィ!痛たたたたッ!みたいな声がちらほら。エンドロールでNGシーンが流れるんだけど、これがまたけっこうな痛たたた、でした。

ただマッハもそうだったんだけど、爽快さがないんだよね。微妙に後味悪い感じ。でもそれがいいのか?撮影は3年くらい前らしいんだけど、ジージャーにはもっとばんばん映画に出てほしいと思う。

まあとにかくジージャーが可愛かった。日本人顔と言われてるみたいだけど、誰と言われたら松山ケンイチ似。あとみんなそう思ってるだろうから俺も躊躇なく書けちゃうんですけど、ジージャーに顔、蹴られたい。
首ポキィイイッ!!!!って。気持ちいいだろうなあ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]