忍者ブログ
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [24
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2008.04.12,Sat
「大した映画じゃなかった」って友人が言ってたので全く期待せず観に行ったのですが、けっこう面白かった。
いやむしろよくできてんじゃないかと思うんですけどどうなんだろ。世間の評価は甘いの?辛いの?まあそりゃ観終わった後に人生に光明がさしてたりはしないけどさ、少なくとも1時間半くらい?の上映中はまったく退屈しませんでした。終わり方キレイだし、コンパクトにまとまってる点も○。


注)以下ネタバレするかもしれないです。


成功の要因として、視点をひとつに絞ったのが良かった。まあそこがウリのひとつでもあったわけだけど、リアリティに寄与する点での意味合いは大きい。カメラのぶれについてけないのは最初だけで、意外と酔わない、というか全然平気(個人的な感覚ですけど)でした。あとは画角とかタイミングの絶妙さに感心してた。「アレ」もけっこうちゃんと怖いです。そういう計算はばっちりだったと思う。でもきっと、そうとうCGも使ってるんだろうなー(アレが出てくるとこ以外でも)。

全体に若干ご都合なシナリオなんだけど、そこがあまり気にならないのは、登場人物のキャラ分けと役割分担をしっかりやってたからだと思う。ヒーロー・ヒロイン、ボケとツッコミ、説明役とやられ役、みたいな。群像劇にせず、ドラマもあの二人のラヴいっこに絞ってるのもいい。万人に好かれそうなカップルだし。ていうかベス(ヒロイン)、超カワイイです。あれは助けに行くわー。ビルも登っちゃうわー。

んで観ててずっと思ってたのは、「もしも○○○が○○○だったら?」っていうシチュエーション・コメディなんだな、この映画は、ということ。「もしも」といえば、ドリフでしょう。クローバーフィールドは、めっさ金のかかったドリフです。ハッドが高木ブーね(他はわかりません)。いやコレけなしてんじゃなくて、良い意味でマニアックでない、おじいちゃんから子どもまで楽しめる幅の広〜いパニック映画っていう意味です。でもPG-12なんだけど。

ストレートでシンプルに終わる印象を与えつつ(謎が一切解けないからね)、けっこういろんな要素を詰め込んでもいると思う。劇場で映画楽しかった後は、ちっちゃく拍手することにしてるのですが、今日は気持ちよく拍手できました。ありがとうHAKAISHA!でも続編は別にいいかなー。なんか謎が解けるのがうざい感じ(そもそも宣伝がうますぎて嫌)。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]