忍者ブログ
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71
Posted by - 2017.04.27,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2008.07.31,Thu
クリスタル・スカルの王国。公開からだいぶ経ってるのでわざわざことわるのもアレですけどネタバレします。いや〜やっと観に行けた。そして観に行って良かった。なんというか、そんなに面白いはずがない、という考えでほぼ完全にノスタルジアのみを期待して行ったにも関わらず…ゴメン!勇気出して言うわ!シリーズで一番好きです!って言うつもりだったけどやっぱりやめた!理由は後述。

仕事終わって、会社を出た頃に突然降り出した凄まじい雷雨。風も強くて傘をさしてるのに足下はすぐにぐちゃぐちゃに。直前までカンフーパンダとどっちにしようって迷ってたんだけど、この降って湧いたような荒天に、頭の中であのテーマ曲が鳴ってしまったから、もうしょうがない。というわけでインディにGO!結果的には良かったです。劇場で観といてほんとに良かった。

まあ宇宙人だUFOだのと、観る前からけっこう情報入っちゃってたので、展開に驚くことはなかった。けっこうアタマのほうでロズウェルって出てくるしね。知らなきゃ知らないで「え?! まさかそっち?!」っていうぎりぎりな感じも楽しめたかも。そういう意味で議論を呼んだ感のあるUFOですが、拒否反応を示す人たちの理由がよくわからないなあ。前三作のブツも、結局のところ超自然っていうか人智の及ばないもの、という点では同じな気がする。そういうものに人間が近づきすぎると報いを受けるんだよ、ていうイカロス的な古めかしい教訓話をオチにした(パロった)、冒険物語のこれまたパロディ、というのがインディ・ジョーンズの基本的な構造じゃないですか。そういう、いわば古色蒼然たる「冒険物語」を、最新の技術と巨大な予算で景気よくやったらぁ、というある意味無反省な姿勢は、新旧の作品を問わず貫かれているものなんではないかと。まあ今回無反省すぎて珍妙なプロットの連続になってる感もすごいあるけど。

そんな「冒険物語」だからこそ、まるで古い小説の挿絵のような画作りが映える。魔宮の伝説の冒頭の、アジアンモダンなエキゾチシズムに溢れた上海のクラブや、失われたアーク《聖櫃》の陽炎たゆたう灼熱の砂漠といったロケーションは、そうしたジュブナイルを読んだことのある誰もが「どこかで見たことのあるような」風景として用意されていて、そういう昔々の「絵のような」お話の中で、考古学者としてさらにむかしむかしの遺物をほじくっているジョーンズ教授、というセルフ・パロディ的な二重性が、このシリーズに独特の雰囲気とユーモアをもたらしてきたと思う。で、そっち方面での今回のネタは、1957年のアメリカ本国。アメコミでいうとこのろゴールデン・エイジ、古き良き(そして『強き』)アメリカの繁栄と進歩の象徴でありながら、反共ムードの高まりとともに、レッドパージという名の抑圧が国全体を覆い始めた頃のお話。ちょっとセピアがかった、いかにもな画面の色合いがすごくきれいで、大学を舞台にしたカーチェイスの前後などは、まるでノーマン・ロックウェルの絵のようである。待てよ、こりゃひょっとして…そう、アメリカングラフィティだ。ルーカスが、50年代の風俗とともにインディを描く。そこには「倉庫の片隅で、ちらっと見えるアーク」とかとはまた違った、シリーズ自体に対するかなり上質なオマージュがある。気がする。

でも後から気づいたんだけど、結局この映画の面白かったところって、大げさで即物的でド派手な、生理的にすごく気持ちの良いアクションと、紙芝居的にベタベタにわかりやすい、しかし超絶的にぬかりのないスピルバーグのスゴ過ぎる演出力、あとはもうとにかくスパルコ大佐に尽きてるわけで。つまり「良かった」ところって、全く『インディ・ジョーンズ』と関係のないとこばっかしなんだよ!とくにスパルコ、よくできて過ぎ!これは功罪大きいと思います。

ソビエト社会主義連邦共和国の腕利きエージェントにして、サディストの超能力者。しかも黒髪のおかっぱ。常時腰に下げたレイピアに、スパルコという姓。ブ厚すぎるプロテクト…!この氷(アイス)はやすやすとは破れねぇぜ…と、腕こきのサイバースペース・カウボーイのみんなが思ってたはず。オノ・センダイ。ところがですよ。フタをあけてみれば、あれ?このコ…え嘘…なんか…ドジじゃね?という恐ろしいトラップ。強気なわりに非道いコトできない、出し抜かれてポカンとしてる、インディに置いてかれて悔しそうな涙目…と、ブロガーの皆さんも口々に、口々に!
極めつけは密林での追っかけっこ、カメラ寄ってって、すわ、いよいよ能力発動かッ…!!!!

…何もしないでどいた!ぜったい超能力持ってないよあの娘!

その瞬間、自分の首が飛ぶ音を聞いたよ俺。スパンて。スパンコって。どんだけカワイイんだよと。
ていうか嘘、発動しないのも知ってて登場からすでに萌え萌えでした。もう完全に自分を能力者と思いこんでる、普通の、夢見る(SFとか前世とかが好きな)(ちょっとイタい)文化系(友達いなそうな)女子じゃないですかスパルコ!最後なんか「全てを知りたいの!」ってもう!胸、キュンキュンですよ。しかも手が届きそうって思ったら異次元に行っちゃうし。遂げられない僕らの思いとともに、星になった(文字通り)スパルコ。この高鳴りをどうしたら良いのやら…ていうか悪役として完全にダメじゃないか。インディ喰っちゃってるし。

あと作中で一番笑ったのは、冷蔵庫から出てきたあと、ブラシでがっしがしこすられてるハリソン・フォード。もうインディに見えないつうか。
だから、面白いんだけどさ!そうじゃなくねえ?みたいな感じで、突き詰めてゆくほどに「面白いんだからいいじゃん、こういうバカ映画で!」みたいな結論にならざるを得ない。だから面白いんだけど、インディを「そういうバカ映画」呼ばわりしたくないというか、これを一番好き、ていうことは俺、インディ・ジョーンズのこと本当は好きじゃないんじゃないか…というか、そんな思いもしなかったジレンマを感じてます。どう評価すりゃいいんだこれ、自分の中で。

「シリーズのファンとして」好意的な見方をするなら、インディ復活にあたって一番「やっちゃいけない」とされていたのは、「ショボい」と言われてしまうこと、つまりはヒットしないことだったのではないかと。全体のテーマとかシナリオの整合性とかはさておき、この映画はヒットするようには作られていると思います。そういう部分では、一切手を抜かれてはいない。

でもね。俺は、久しぶりに観た『インディ・ジョーンズ』で、気の置けない仲間や、好きなんだけど素直にそうとは言えない女と、密林や滝壺や砂漠を旅したり、途方もない冒険物語の1ページを生きることへのあこがれと喜びを、確かに再実感できたよ。わりと一瞬だったけど。あと、継承される父と子のバトン、というド定番なアレにもちょっと感動してしまいました。だけど、(イージーといえばイージーな演出なのかもしれないけど)ラストでジョーンズ新郎は、ヘンリー・ジョーンズ・三世に『インディ』を譲らなかった。

だから、カムバック第一弾、として歓迎する。おかえりインディ!次は60年代だ!
フラワームーブメントの花開く、ラブとピースとドラッグにふやけたアメリカを、さらに頑固なクソジジイになったインディがどう鞭打つのか、そこに期待します。
だから俺がシリーズで一番好きなのは…前三作でも今作でもなく、次のインディ・ジョーンズだ〜!
よっしゃきれいにまとまったっ。(まとまってない)
PR
Comments
ディアスポの続きは?
そうだアメグラだ!・・・て。
始まった最初のカットがクラシックカーで若者爆走とそのまんまのシーンだったじゃないすか。

シリーズ続けるんならインディが隻眼になるトコまでは描いてほしいね。
Posted by watanavader - 2008.08.01,Fri 03:21:58 / Edit
話が大きくなりすぎて
止まっちゃって…いま再起動かけてるとこ。
ディアスポっていうか僕にとってのエスエフ、みたいな感じになってきたので、年内に処理できるかどうかも…。

隻眼?!あ―、小説か!観たいねえ。そうね、次を期待したいって思うからいいや、実際楽しみだしねえ。

今日はイースタン・プロミス観に行きます(予定)。

Posted by litt - 2008.08.01,Fri 16:34:55 / Edit
小説じゃねえよ
TVシリーズというものがちゃんとあったんですが・・・。
Posted by watanavader - 2008.08.02,Sat 00:09:45 / Edit
マジで?
ガチで?
すみません、「シリーズのファンとして」じゃあねぇよなまったく。
WOWOWでやってたヤングのほうしか知らなかったよ。
ていうかこの話、なんか前もした気がするよね…。

どアタマの若者爆走シーン、確かにそうですね。
で思い出したんだけど、本物のプレーリードッグはもっとカワイイのに!って思いました(飼ってた)。
なんかズルそうなネズミにしか見えない、それが今作唯一の不満かなあ。

イースタン・プロミスは風邪が悪化して観に行けませんでした。
Posted by litt - 2008.08.03,Sun 03:02:12 / Edit
いやそのヤングでいいんだってよ
そこで出てくる好々爺インディが隻眼だったじゃん。

ちなみにハリソンインディが出た回もあるよ。
Posted by watanavader - 2008.08.10,Sun 20:41:53 / Edit
あぁ~! …?
ヤングは、当時ショーン.P.フラナリーがそんなにハマってない気がして(語呂がいいので名前だけ覚えてる)、1~2話しか観なかったんだよ俺。イメージ違ったってゆうか。

なんか貨物列車で蛇に囲まれてるシーンあったっけ?「これが蛇嫌いの原点だ!」みたいな…。

隻眼インディも、言われてみればなんかうっす~~~らスーツ着て眼帯してるとこが浮かぶんだけど…作話してるな多分これは。今観たら面白いかしらね。
Posted by litt - 2008.08.11,Mon 13:53:37 / Edit
無題
3作目の「聖戦」冒頭だ!キリがねえなこりゃ。

TVは確かにつまんないんだけど、ハリウッドの話は面白かった。ジョン・フォードの映画手伝ったりする話。そん時のハリウッドには本物の西部を生きた存命のガンマン(ジジイ)をアドバイザーに雇ってて、「リアルな銃撃戦が撮りたい!」って聞きにいくと。

「じゃあライフルで後ろから撃て。ピストルは当たらねぇ」

とか痺れる発言の回だった。
Posted by 貨物列車でヘビは - 2008.08.11,Mon 23:21:58 / Edit
ないのう、
キリ。。。

そのハリウッドの話は面白そうな。確かにシビレるセリフだ!
そうゆう記憶に残るひと言って、ほんと得難いよね。

その回のライターとかを追ったら、なんか面白いとこにたどり着いたりしそうな妄想が瞬間、よぎった。
スタートレックのエリスンとかアメコミやってたベスターとかみたいな。

あとタイトル!名前のとこに書いてるぜ兄さん!
Posted by litt - 2008.08.12,Tue 02:15:47 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]