忍者ブログ
[252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [244] [243] [242] [241
Posted by - 2017.04.28,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.04.29,Wed
朝から池袋へ。時間帯的にまるで出勤。

ロサで10:30からの『グラン・トリノ』へ。朝一番なのにほぼ満席。まあレディースデイだしbuku割の日だし。
『チェンジリング』で、「とてもじゃないが近寄り難い」と思わされたイーストウッドの、しかも目茶苦茶に評判の良い映画(けなしてる人を見たことがない)、というある種の先入観(=期待感)をバリバリに抱えてしまいつつ観ることになった、のもしょうがない。しかしそんなのは開始1分くらいで軽く払拭され、どんどん映画の中に引き込まれていった。

たくさん笑った。そして結局最後には泣かされてしまった。泣くまい、と思ってたし実際ほぼ最後まで大丈夫だったのだが、ある場面でふいにぼろぼろっと。自分と何の接点もない、口汚い差別主義者の白人に、どうしてここまで入れ込んでしまうのか。焦燥を感じてしまうのか。フィクションと知っているのにも関わらずの不思議。あとなんというか、もの凄く無駄の少ない映画だと思った。そぎ落とすことでこれ見よがしの凄みみたいなものを表しているのでもない、ただただシンプルな語り口。力強く、分かりやすい。そんで、美しい。ああもう、これ以上は言わないほうがいい、きっと。

シネリーブルで13:20からの『スラムドッグ$ミリオネア』の列に並ぼうとするも、上映40分前の時点で立ち見決定。これもできればゆっくり観たいので、シネマサンシャインの『バーン・アフター・リーディング』へ切り替える。13:40からなので、チケット買ってから松屋でお昼を食べた。シネマサンシャインの指定席制、意味ないだろといつも思う。売り場の行列長くなるだけなんだもん。チケット買ったあとで、テアトルダイヤの『トワイライト〜初恋〜』にすれば良かったと思った。レイトショーをもうやってない!ので会社帰りに観れないのだ。

『バーン・アフター・リーディング』は、いつもながら底意地の悪い…といった以外の感想はなし。笑ったけど。

夕方から打ち合わせが入っていたのですっ飛んで帰る。朝干せなかった洗濯物を干して現場へ。現場監督のお兄ちゃんと談笑したり値引き交渉したり色々。終わって、帰ってカレー食べてブロギングしている。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]