忍者ブログ
[311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301
Posted by - 2017.06.26,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.09.18,Fri
面白かった。メキシコロケって要るのか?って観る前は思ってたんだけど、全然意味があったので良かった。
オチというかラストにもうちょっと意外性が欲しかったかなとか思う。あとは、「お金かかってなさそう」と思った。でも意外にかかってるのかな。あと「修行」がもうちょっと修行らしかったら良かったなぁ。

前の『大日本人』がけっこう好きで、「これからは劇場で映画観よう」と思ったきっかけになった作品だったので、今回もわりと楽しみにしてた。ダウンタウン好きだけど、松っちゃん信者というわけでもないというレベルです。そんな僕の思う大日本人の良さは、政府の恩給みたいなので暮らしてる、その支給額がリアルなとこ(50万くらいだったっけ)とそのつましい暮らしぶり、あと微妙なエロさを醸し出していたUA。
でもけっこう非難GOGO!でしたよね。「こんなの映画じゃない。金返せ」みたいなレビューがいっぱいで、「きっと映画を知り尽くした立派な人たちなんだろうなあ。すごいですね」と(鼻とかほじりながら)思ったのを憶えてます。今回も多分そんな感じだろう。

著書を読んだことないんだけど、松本は映画詳しいんだよね?にも関わらず、「立派な映画」を撮ろうとしないとこが潔いと思う。昔から、たとえばオリジナルビデオでやってたコントとかと全然変わりない。そこが映画をレイプされてるみたいで、立派な映画ファンの人たちは気に入らないのかも。でも「映画じゃない」っつってもさ、劇場で暗くした中でスクリーンに映ったものが映画なんじゃないの?とか思うんですけど、つっこまれると反論できそうもないので思うだけにしておこう。

エンドロールで「字幕監修/チャド・マレーン」って出てたんだけど、彼はスパニッシュもいけるんかね?
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]