忍者ブログ
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256
Posted by - 2017.05.30,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by LittKidd - 2009.06.06,Sat
亀有で。駅を出て劇場のあるアリオまで歩く途中、知らないおじさんに「よっ食いしん坊!」と声をかけられる。だから初対面で核心を突かないでほしいんすけど!大体レディに失礼よ!食いしん坊とは何事よ!最近こうゆう輩が多いんだからもぅ。

ターミネーター・サルベーション。略してT4の感想です(ネタバレ)。

『宇宙戦争』と『トランスフォーマー』を足して薄くした感じ。でもそれはそれで格好の良いアクションになっていて、「良いトコどりをした」と言える完成度だと思う。冒頭(アバンタイトル後)の敵基地襲撃でもう、テンションが上がる。巨大構造物に身を投じるジョン・コナー、その後マーカスが訪れる破壊しつくされたLA、という流れで、「これは良いディストピアだ」と思えた。初めてなわけですよ、「審判の日」以降が、その細かい部分まで克明に描かれたのは。その画の荒廃っぷりにあれだけの説得力があった、ていう点、まずそこを評価したい。その上で、カメラ動かしまくりの爆発だらけのアクション大会なのだが、この運動神経が相当いいと思った。前から4列目の鑑賞だったんだけど、大画面であれだけのスピードと解像度の高い動きを見られるのって、一種の幸福だ。個人的には映画自体超久しぶりだったので、堪能した。

コナーとマーカス交互の展開で、アクションの連続に無理がない構成。でもひたすらの爆音に、飽きては来る。「これ、ターミネーターか?」って感じにもなる。だから終盤でT-800が新型として出てきて、「やっぱ怖いわコイツ」となるのはいいと思った。シュワちゃん出演もアリだと思う。『ベンジャミン・バトン』の若ブラピと違って、こっちのCGにはシリーズの顔登場、ていう意味がある。もちろん話題作りのひとつじゃあるんだろうけど、無茶な流れとは思わなかったね。公開前に発覚、はあざといけど、サービスの一環として普通にまっとうな範囲。

人類の状況は、この後10年かそこらでタイムマシンが開発されるとは思えないよね。その技術は人類が生み出すのか、スカイネットが生み出すのか(“1”を観直したら、スカイネットが開発した旨のカイルのセリフがありました)。今後のシナリオに影響の大きい部分。そこに絡むのかはわからないけど、マーカスという外挿は、SF的にひとつの可能性を感じさせるものではある。「不確定要素の出現で未来は変わる」みたいなことは結局2からすでに言ってることであって、マーカス参入は、人類にとっては新しいテクノロジーを手にしたことにもなる。あとそもそものターミネーターの設定って、言っちゃえばバック・トゥ・ザ・フューチャーと同じ単純なタイム・パラドックスの話で、別にたいしたことを言ってるわけではなかった。そこを破綻させずにうまいこと(行くかどうかはわからないけど)膨らましていけるか、というのが、むしろ今後の見どころになったわけです。今作でその辺が納得いかない場合、こういうふうに考えることも可能。

そもそも「3の正式な続編です」で始まった時点で、七割方負け戦なわけですよ。「審判の日があった」という前提で話が進む以上、それ以前の話をやったってもう仕方がない。じゃあそこから変えてくために、てコトで舞台をジャッジメントデイ「以降」にし、タイムトラベルの解釈も以降で(たぶん)変えてきたりするという。そういうところが「仕切り直し」な部分だと思うのね。初っぱなで全部説明出来なかったのは不備だろうけど、復活第一弾なら整合性より見せ場だろ!という意気でこういう仕上がりなんだとしたら、それはぞれで納得できるものじゃないだろうか。娯楽映画だし。ま、次を観てみないと何とも言えないですが。

何の為に捕虜とってるのか、現時点でスカイネットがカイルを狙う意図は?っていうのは以上の理由から、単純に次に持ち越しなんだな、と思って俺は観てた。あとT-600のボロさ具合から、T-800の開発まで相当なスパンが空いてる、という描写がされたと思ったのね。意外に開発スピード遅いわけです、スカイネット。それがT-1000とかまで作るくらいの間戦ってる、ていうのは、相当追い込まれている、というか拮抗している。だからこそのジョンコナー狙い、というのがシリーズのバックボーンなんだけど、タイムトラベル話のふくらませ方次第で、以降のジョンという特異点の扱われ方はどういうふうにもなりうるんだよね。現段階では、(電波使って、だけど)総攻撃かければ主力を沈黙させうるだけの火力と人員が人類側にある、というのは、けっこう拮抗してるという証左になると思います。ハンターキラー(だっけ。戦闘機)も撃ち落としてたし、組織VS組織で見ると、意外に人類押してんじゃね?というふうにも見れなくはない。

ジョンが電波作戦使わなかったのは、失敗して「罠だった!」ていうシーンは単純に二つは要らないからじゃ?ジョンがやるとかっこ悪いし、ラストのテンションのはりが緩むから、って気もする。カットされた可能性も。

ジョンとカイルを殺すチャンスはありまくりだった。そして総本山でターミネーター一機しか出てこないし、手ぶら。これは…映画のウソ、ていうことで。苦しいな。一機だけなのは、アレは貴重なゼロ号機で、技術上、スピーディーな量産の準備期間であった、という。やっぱ苦しいな。でもT-800単体の強さを再認識させる、という映画上の目的がはっきりとはしてる。だから許せる。

こんだけこの映画の弁護をしてみたくなるのも、全てはチャンベールのせいですね(だけではないけど)。もうたまにコイツになら抱かれてもいんじゃないだろうかと思う時がある。チャンベがカッコイイ、それだけでこのシリーズには続行の意味があるとさえ思うんだぜ。
PR
Comments
いやいやw
それでは1mmも納得いかないんだぜ!

一体どこのアイデアがGにあと2本イケル!と思わせたのか・・・。

戦前からマーカスレベルの物があったんならT600の開発は遅過ぎるし、そもそも捕まえた人間にかたっぱしからチップぶっこめばターミネーターいらない訳で。で、そのチップぶっこみも上手くいってないようでと、もうようわからん。


Posted by watanavader - 2009.06.06,Sat 13:06:05 / Edit
だから全部
次回に乞うご期待!!

ってのはさすがに無理があるとは思ってます。擁護しといて何だけど。
好意的解釈はいくらでもできる。人間ベースのマーカス型と完全自律タイプのT600では10年くらいの技術差があってもおかしくはない!とかね。

問題はそれで納得できる演出がなされてない、ていうことだよね。
じゃ、全然面白くなかったのか?ということになると、俺はそこそこ面白かったのでこういうことになってるわけでして。ウーン。そんなにダメだったかねえ。
Posted by litt - 2009.06.08,Mon 08:40:06 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
「ターミネーター4」あの人、出てるよ(^^;!
[ターミネーター4] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月28日0:17 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  あの最強シリーズが帰ってきた!「ターミネーター4」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。これまでのシリーズとは異なり、あの“審判の日”以後の未来世界を、初めて描いている本作。さあ、果たしてどんなストーリーが展開されるのでしょうか?  スカイネットが起こした核戦争“審判の日”から、10年が経った2018年。ジョン・コナー(クリスチャ...
シネマ親父の“日々是妄言” - URL 2009.06.16,Tue at 20:40:50
★「ターミネーター4」
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 このシリーズ・・・ひらりん的には映画館通いする前の作品なので、 劇場鑑賞は、今回初。 もちろん最近レンタルされてる新テレビシリーズも未見ですっ。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ - URL 2009.06.26,Fri at 01:02:59
『ターミネーター4』
'09.06.01 『ターミネーター4』(試写会)@中野サンプラザ これは気になった! yaplogで当選。うれしい! 「2018年。の後の世界では、スカイネットと僅かに生き残った人類による抵抗軍との壮絶な戦いが繰り広げられていた。後に抵抗軍のリーダーとなるジョン・コナーは1人の少年を探していた。将来、重要な宿命を担うカイル・リース。スカイネットもまた彼を探していた。謎の男マーカスがカイルと行動を共にするが、カイルはスカイネットに捕らえられてしまう。マーカスとは何者なのか? ジョンはカイルを...
・*・ etoile ・*・ - URL 2009.06.27,Sat at 04:22:01
ターミネーター4
"I'llbeback!" あの名セリフと共に、ターミネーターが6年ぶりに帰って来た。「ターミネーター4」だ原題は「TerminatorSalvation」。前3作は、未来から来た恐怖のターミネーターと戦う話だったが、今回の舞台は未来。2018年のスカイネットが人類をまさに滅ぼさんとして...
時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館) - URL 2009.07.06,Mon at 21:42:56
ターミネーター4 (Terminator Salvation)
『ターミネーター4 』は、アーノルド・シュワルツェネッガーさんの出世作ともいえる『ターミネーター』から続くシリーズの4作目です。実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道 - URL 2009.07.17,Fri at 18:57:04
『ターミネーター4』を観たぞ〜!
『ターミネーター4』を観ました世界的大ヒットシリーズの4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクションです>>『ターミネーター4』関連原題: TERMINATORSALVATIONジャンル: SF/アクション/サスペンス上映時間...
おきらく楽天 映画生活 - URL 2009.07.18,Sat at 23:36:00
映画:ターミネーター4
 今年楽しみにしていた作品の1つ。ターミネーター4観てきました。
よしなしごと - URL 2009.07.19,Sun at 17:30:30
『ターミネーター4』
'09.06.01 『ターミネーター4』(試写会)@中野サンプラザ これは気になった! yaplogで当選。うれしい! 「2018年。の後の世界では、スカイネットと僅かに生き残った人類による抵抗軍との壮絶な戦いが繰り広げられていた。後に抵抗軍のリーダーとなるジョン・コナーは1人の少年を探していた。将来、重要な宿命を担うカイル・リース。スカイネットもまた彼を探していた。謎の男マーカスがカイルと行動を共にするが、カイルはスカイネットに捕らえられてしまう。マーカスとは何者なのか? ジョンはカイルを...
・*・ etoile ・*・ - URL 2009.07.20,Mon at 03:28:15
counter
comments
[11/13 NEX-5N]
[12/13 watanavader]
[11/25 Watanavader]
[10/30 litt]
[10/30 watanavader]
searching in wissenschaft
profile
HN:
LittKidd
性別:
男性
 
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]